ファイルがインストールパスに存在します-AdobeCCのエラー

2016 9/22
ファイルがインストールパスに存在します-AdobeCCのエラー

Adobe Creative Cloudの便利なアップデート管理。安心して任せていたら…致命的なエラーだって!?

同じエラーの方へ、とりあえず対処のうちの一つをお伝えします。

Adobe Creative Cloud 管理画面

目次

ファイルがインストールパスに存在します。ファイルの名前を変更/削除してからもう一度やり直してください。

今回、PhotoshopCCのアップデートの時に突然襲いかかってきたエラー。

 

そんなこと言われても…と、もう一度アップデートを押してみてもやっぱり駄目。

 

どうしたらいいのか?

「既にファイルがある」というのが原因なら、フォルダごと消してしまおう!

…しかし、「Adobe Photoshop CC 2015.5」というフォルダを削除しようとすると、「管理者権限がありません。Administrator としてログインしてください」と出るではありませんか!

(画像なくてスミマセン…)

PhotoshopCC

よし、それならAdministratorとしてログインして、この困ったファイルたちを消してやりましょう!

 

というわけで、Windows10でAdministratorとしてログインし、ファイルを削除する方法です。

まず、左下のウインドウズボタンのとなりの「Cortanaに何か聞いてみてください。」のところに「cmd」と入力し、出てきたコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」します。

コマンドプロンプトを管理者として実行

黒い背景に文字が書いてある、「いかにも昔のパソコンの画面」が出てくるので、

net user administrator /active:yes

と入力してEnterキーを押してください(半角スペースに注意!)

コマンドプロンプトからAdministratorを有効にする

終わったらコマンドプロンプトを終了し、パソコンを再起動します。

すると、ユーザーの一覧に「Administrator」がいるので、選んでログイン。

 

今度こそエラーの出ていたフォルダ一式を削除!

PhotoshopCC

その後、もう一度コマンドプロンプトを立ち上げ、

net user administrator /active:no

と入力してAdministratorとしてログインできないようにしてから、再起動します。

Adobe Creative Cloud 管理画面

すると、あら不思議!

インストールができるように………なるはずです。

 

出来ない場合は、アドビフォーラムから別の方法を探してみてください(汗)

まったく画像がなくて申し訳ございません。。。

 

突然のエラーは、本当に焦りますよね。

少しでもお役に立てば幸いです!

関連記事

コメント

コメントする

目次