HTML5でのalt属性について

2015 12/07
HTML5でのalt属性について

alt01
古くからHTMLに触れている方に聞くとかなり意見の違うalt属性ですが、実際、HTML5ではどのように扱われているのでしょうか?

遥か昔、SEOを考慮し、画像をh1タグで挟んでalt属性でキーワードテキストを入れるという手法が流行りました。現在この手法が通用しないのは皆様ご存知だと思いますが、alt属性そのものがSEO上無意味なわけではございません。

Google先生の画像についてのヘルプはこちら

alt属性は「代替テキスト」、つまり画像の代わりになるテキストということになります。

これらの実際の使用に関する注意は、

HTML5: img 要素の alt 属性 の仕様 | attosoft.info

こちらで非常に分かりやすくまとめていただいています。

これらの内容をまとめると、html5においては前後の文脈を繋げることのできる画像の説明を記載し、短文の説明は(必要であれば)title属性で指定すると良いということですね。

また、ロゴや装飾などの画像の場合には空欄(alt=””)を指定することになったと。

 

では、実際にalt属性を指定してみましょう。

 

前回のブログ記事は「Flash Pro CC が Animate CC へ名称変更」でした。

flashtoanimate

これからも当ブログをよろしくお願いいたします。

 

このような場合の画像のalt属性は

alt=”ブログ画像”

などではなく、

alt=”Flash Pro CC から Animate CC にロゴが移り変わる画像”

とするのがよいということですね。

 

…あまりいい例ではありませんでしたが…(汗)

皆様のご参考になれば幸いです!

関連記事

コメント

コメントする

目次